【韓国人の反応】現代車が1台で36万ウォン稼ぐ時、トヨタは279万ウォン稼ぐ

現代自動車1台あたり36万ウォン稼ぐとき、トヨタは279万ウォン

 中央日報が28日、新韓金融投資と共同で10大グローバル自動車企業の営業利益率を比較した結果、現代車グループは主要自動車企業のうち最も低かった。現代車グループの今年の実績は8年ぶりの最低水準だ。

 営業利益率は売上高に対する営業利益を意味する。自動車を販売して得た金額から費用などを除いて実際に稼いだ金額の比率だ。昨年、現代車グループの営業利益率(4.7%)はグローバル10大自動車企業のうち7番目だった。しかし今年は現代車(1.2%)・起亜車(0.8%、ともに7-9月期基準)より営業利益率が低い自動車企業はない。

 BMW(11.0%)・トヨタ(9.3%)は現代車グループより営業利益率が10倍ほど高い。3000万ウォン(約295万円)の乗用車1台を売る場合、現代車は36万ウォンを稼ぐとすれば、トヨタは279万ウォンも稼ぐということだ。販売台数を見ると、現代車グループが他社に比べて売れていないわけではない。現代車の7-9月期の販売台数(112万1228台)は世界で6番目に多い。起亜車(68万5396台)を加えると現代車グループは世界4大自動車企業となる。しかし内容が薄い。トヨタは3カ月間(今年4-6月期基準)で6兆9600億ウォン(6826億円、営業利益)を稼いだが、現代・起亜車が稼いだ金額(4662億ウォン、7-9月期基準)はトヨタの6.7%にすぎない。

 現代車グループの営業利益率は2013年の9.2%から2016年には5.5%、今年上半期には3.5%、今年7-9月期には1.05%まで落ちた。いくつか要因がある。2012年に10.5%だった中国市場のシェアは昨年5.0%に、同じ期間に米国市場のシェアは8.7%から7.4%に落ちた。

 中国では消費者に「国産ブランドより高いが、日本・欧州ブランドほど魅力的でない車」と見なされている。SUVの人気が高まった米国市場ではセダンに固執したのが敗着となった。最大市場の米中市場で不振から抜け出すためにインセンティブ(ディーラーに支払う販売促進費)が増えた。それだけ利益が減った。

 慢性的な高コスト構造も足かせとなった。韓国自動車産業の平均賃金(2017年)は9072万ウォンと、日本のトヨタ(8344万ウォン)、独フォルクスワーゲン(8487万ウォン)より多い。売上高に対する賃金の比率は12.29%と、トヨタ(5.85%)やフォルクスワーゲン(9.95%)を大きく上回る。現代車グループ専属会社(系列会社)中心の部品供給網もコスト増加の原因だ。2010年に大規模リコール事態を経験したトヨタが部品会社との共同研究開発(R&D)を通じて20%以上のコスト削減に成功したのと比較される。自動車内の電装部品の増加で調達コストは上昇する傾向だ。…(省略)

引用元:中央日報

韓国人の反応

現代・起亜労組は生産性はトヨタの80%しかないのに年俸はトヨタやBMWの120%を受けて40%ほど損するだろう。にもかかわらず、現在の労組は毎年賃上げ闘争をのうのうとしていて、民主労総と民主党の政治家は、これら支持して全企業を滅ぼし、雇用を売り込む売国奴だ。
(共感171 非共感3)

生産性なく人件費だけ高い積弊民主労総だからだが、政権の庇護を受けているので大韓民国の自動車産業の未来はない。
(共感34 非共感0)

私は明らかに今回グレンジャー10年乗ってレクサスと交換します。私の家族と私の安全が重要である。貴族労組が嫌い。
(共感38 非共感8)

仕事はしなくてストライキのみしまくってるから会社が利益を作ることができないだろ(笑)
(共感23 非共感1)

日本、ドイツよりレベルは落ちる高賃金(笑)正直サムスンが大きな理由?労組がないからだ。民主労総解散が答えである。
(共感17 非共感1)

韓国社会の癌の塊、民主労総、全教祖の傘下連帯ハンギョレ
(共感14 非共感1)

ほぼ毎年労組のストライキ。会社側はそのまま労組の要求聞いてくれて、生産性は所定の位置上がった賃金補填のために自動車価格の上昇、協力会社単価殴りつけ打撃。結局は国民に自動車価格上げて売って転嫁する悪循環の繰り返し。結局、造船業のように構造調整するようだ。
(共感11 非共感0)

貴族労組が大韓民国成長の足を引っ張る積弊だ。年俸現代9072万ウォン、トヨタ8344万ウォン。生産性は最下位。民主労総と貴族労組は必ず思い知らせなければならない。
(共感11 非共感1)

現代車の業績悪化に慢性的な言い訳は高賃金、低生産性のせいにする前に近視眼的であり、見識のない経営者らの反省はなぜないのですか。まずポストにこだわっている現場の初級者から徹底的に人的刷新をすることができるように注文します。
(共感10 非共感2)

韓国自動車産業の平均賃金(2017年)は、9072万ウォンで日本のトヨタ(8344万ウォン)、ドイツのフォルクスワーゲン(8487万ウォン)より高い。売上高に対する賃金の割合は12.29%で、トヨタ(5.85%)とフォルクスワーゲン(9.95%)を飛び越える。この原因は、民主労総の悪質である賃金交渉と労働運動からである。せめて、米国ラストベルトも強い労組なのに、現代アラバマ工場の労働者の平均給与よりも韓国現代車労働者の平均年収が高いニュースがある。これが話になると思いますか?米国とGDPの差がどのくらいあるのよ…。
(共感8 非共感0)

(笑)世界1位のトヨタより年俸も高く、韓国より経済力4倍高い日本人より高いね(笑)レベルに合わせて5千万ウォンもらえ(笑)
(共感8 非共感0)

現代自動車の営業利益率が少ないのではなく、高い営業利益率を貴族労組がすべて持って行っているのだ。
(共感7 非共感0)

品質はトヨタつま先にも及ばないのにお金はよりもらうね(笑)
(共感7 非共感1)

現代・起亜車は貴族労組のせいで落ちる。頻繁ストライキに給料を高賃金に上げたら車の価格が高価になるしかない。外車より性能は落ちて、自動車価格は外車を超える。今車の価格は半分下がってこそ競争力がある。
(共感5 非共感0)

関連記事

コメントをお待ちしております

Language