カン・ハンナ「韓国芸能人は99%整形」→韓国人発狂

画像引用元=WoW!Korea

日本で活動している韓国人タレントのカン・ハンナ(강한나)さんが、「韓国の芸能人の100人中99人が整形している」と日本のテレビ番組で発言して韓国でバッシングを受けているようです。

確かに99%(100人中99人)は誇張されているにしても、「私の知り合いの芸能人の統計で言うと」と前置きしているし、韓国人は大部分が整形しているというのはもはや日本人にも知られている常識ですよね。

日本も芸能人は整形している人は少なくないと思いますが、一般人は抵抗感が根強く、整形している人はあまりいません。韓国事情に詳しい私が見ても、韓国は一般人でも7割程度はどこかしら整形していると思います。韓国人って皆似たような顔だし、まれに明らかに顔が崩れていて整形失敗している人を見かけます。韓国は外見至上主義で、とにかく外見が重視される国です。

カンハンナ 韓国芸能界の整形事情をぶっちゃけた「100人の中、99人が…」

 韓国出身で日本でも活動しているタレントのカン ハンナ(38)が27日放送の読売テレビ「特盛!よしもと」に出演し、韓国芸能界の整形事情をぶっちゃけた。

 韓国では芸能人のみならず、一般人でも美容整形が盛んとされるが、カンも「整形するのは当たり前の国」、「そう(一般人も整形する)なんです」と認めた。

 芸能界での整形事情については、「私の知り合いの芸能人の統計で言いますと、100人の中、99人がやっています」と暴露。

 「韓国の芸能界の友達いっぱいいるんですけど、会う度に顔が変わったりする。じーっと見ると恥ずかしがるんです。あ、やったなみたいな。言わない。そこまでオープンじゃないんです。じーっと見ると、恥ずかしがるとやってる」と、見分け方を明かした。

引用元:デイリースポーツ

なんと国民請願まで

韓国には「国民請願および提案」というものがあって、大統領府のインターネット掲示板に「○○してほしい」など、いういわゆる苦情や要求、意見を自由に書き込める掲示板があります。30日間で20万人以上の推薦を受けた請願については、原則大統領府が回答しなければなりません。しかし、実際には政策とは無関係の請願も多く、ただの苦情掲示板ではないかと問題になっています。

 日本で活動中の韓国人タレントのカン・ハンナ(37)を韓国から追放してほしいという国民請願が登場し、話題になっている。

 29日、大統領府ホームページの国民請願掲示板に「タレントのカン・ハンナを韓国から追放してほしい」という文章が掲載された。

 請願者は「日本に行って金を稼ごうと自分の国を売ったタレントのカン・ハンナは、番組にも出られないようにし、韓国国籍もはく奪してほしい」とし、「イメージを切り売りするあんな国民は必要ない」と主張した。

引用元:WoW!Korea

なんとこの件も国民請願がなされました。ただ、推薦数はさほど多くないようで、20万人には届かないと思われます。韓国人は自尊心が強い人が多く、韓国人は大部分が整形しているというのは内心みんな分かっているのですが、日本で暴露されてしまったことで自尊心が傷ついたのだと思います。

日本で数々の暴露をしたりして韓国人からバッシングされた人と言えばコメディアンでタレントのヘリョン(チョ・ヘリョン)さんを思い出します。彼女は2009年、TBS「リンカーン」の企画で「君が代」を斉唱した際に笑顔で拍手したことから韓国で非難を受けました。結局、謝罪に追い込まれ日本の芸能界から事実上引退しています。ヘリョンさんも「韓国の女性たちは整形をたくさんする」と日本のメディアで暴露したことがあります。

カン・ハンナさんは「100人中99人は整形」と言ってしまいましたが、まあそれは冷静に考えてやや誇張されているようにも思います。ただ、韓国人がそう言うんですからやはり大部分がしているのでしょう。彼女も結局最後は謝罪に追い込まれるでしょうね。「韓国女性は多くの人が整形している」とだけ言えばここまで問題にならなかったでしょうか?

関連記事

コメントをお待ちしております

Language